ホワイトニング・インプラント・審美治療のかねもと歯科クリニック:三養基郡上峰町 0952-20-7122:ホワイトニング・インプラント・審美治療のかねもと歯科クリニック:三養基郡上峰町

ホワイトニング・審美治療・インプラント・入れ歯(義歯)など
HOME > 診療メニュー > 自費診療と保険診療の違い

自費診療と保険診療の違い

「あそこの歯医者さん、自費の治療を勧めてきたの。嫌だわ。」
「久しぶりに歯の治療をしたら、すごい金額を取られてしまった。ひどい!」
というお話を時々耳にします。

説明不足だったり、コミュニケーション不足だったりしたのかもしれません。
「確かにその勧め方は嫌だよね」と思うこともあれば、歯に関する職人(歯科医師)としての立場から「それは自費だとしても、治療して正解だった!」と思うこともあります。

なぜ、「治療して良かった」と思ったのか? ここではそのことについて、少しお話したいと思います。

そもそも保険診療とはどんなもの?

保険での治療は、誰もが平等に受けられます。日本全国どの歯科医院でも、同じ治療を行うことができます。
同じ治療なら、どの歯科医院で治療を受けても、同じ料金です。
そして、最低限必要な治療ができます。

最低限の治療とはいえ、食べたり話したりするには、十分な治療です。
ですから、「保険だからダメ」「保険だからモノが食べられない」といったことはありません。

ただ、全国一律の治療法・料金にするために、国によって細かく治療方法・治療回数・材料・薬剤などの条件が決められているため、その制限の中で治療を行う必要があります。

自費診療と保険診療の違い

治療時間・回数 材料・治療法 料金

治療時間・治療回数

保険治療と保険外治療(自費)の違いは材料や治療法だと考えられていることが多いですが、最大の違いは、この 「治療の丁寧さ」 です。

保険治療の場合にはあらかじめ治療費が決められているので、どうしても限られた時間・費用の中での治療となってしまいます。

一方、保険外治療(自費)の場合には、患者さんから多くの治療費を頂いているので、十分な時間と材料を使って、歯科医師が持つ最大限の技術を発揮することが出来ます。

保険治療保険外治療(自費)
・どうしても限られた時間・費用の中での治療となってしまう
・中には保険治療で十分な治療もある

・十分な時間と材料を使って、最大限の技術を発揮することができる

材料・治療法

保険治療の場合にはあらかじめ決められた材料しか使うことはできず、治療法も制限される一方、保険外治療(自費)の場合には、材料や治療法に制限は全くありません。

材料や治療法が制限されていたとしても、その制限の中で十分に治療が出来るケースもあるのですが、患者さんの状態によっては、保険内では十分な治療が難しい場合もあります。

保険治療保険外治療(自費)
・あらかじめ決められた材料しか使うことはできない
・治療法も制限される
・材料や治療法に制限は全くない

料金

 

保険治療保険外治療(自費)
・保険証があれば治療費の支払いが3割負担
(一部負担金の割合は、年齢や所得により異なる)

・同じ治療内容であれば、どこの歯科医院に行っても治療費はほぼ同じ
・治療費の負担軽減がない


0952-20-7122 ネット予約
特大 大 標準
文字の大きさを変更できます。



歯科審美治療インプラントホワイトニング予防歯科

かねもと歯科クリニック
電話番号:0952-20-7122
〒849-0123
佐賀県三養基郡上峰町大字坊所2256-4

歯科審美治療インプラントホワイトニング予防歯科かねもと歯科クリニックには
佐賀県三養基郡上峰町・みやき町・神埼郡・鳥栖市・久留米市
などの方からご来院いただいております。